スキルと転職の密接な関係

転職に必要なのは、一にも二にもスキルである。特にIT関連の企業は「何ができるのか」という点について非常にシビアに見てくるので、嘘やハッタリは通用しないと思っておいた方がいいだろう。誰が見ても客観的に判断ができる過去の実績や資格といったものが重要視されるのだ。
それ以外の点については二の次だという職場は多いようだ。特に専門的な仕事になればなるほど、スキルのウエイトは高くなってくるのが普通だ。トラブルが頻発する現場で、納期をきちんと守りながら仕事を終わらせるのは、確実なスキルを持っている人間にしかできないことだと言えるだろう。非常に大変で誰にでもできることではないが、だからこそやりがいも大きい。何か資格を取得して、プロフェッショナルを目指してみるのは方向性として正しい。誰もが認める能力を持っているのであれば、転職はいくらでも繰り返すことができるのだ。気に入らない職場があれば自分からさよならして、また新天地を見つけにいくことができる。悪い労働環境に甘んじる必要がないので、QOLの質も大幅にアップするのは確実である。社会に影響を与える大きなプロジェクトに参加することができると、ハードな仕事でもやりがいを感じながら進めていくことができるはずである。やりがいのある仕事というのは、気持ちの面だけではなく、支払われる給料の額も大きくなるものである。大金を稼いで老後の不安をなくしたいなら、仕事の質も上げていくのが正解だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です